ホーム > 毛穴 クレンジング > 年齢を重ねてからの毛穴のクレンジングについて考える

年齢を重ねてからの毛穴のクレンジングについて考える

思えば毛穴のクレンジングに必死だったのは、若い頃だったような気がします。年齢を重ねると、代謝も落ちますし、汚れも溜まらないんですかね。もしくは、老眼で見えなくなっているだけでしょうか。いつもしていることだから、と裸眼で洗顔やその後のお手入れ、メイクを行っている方は、一度老眼鏡をかけて顔をまじまじ見ることをおすすめします。知らないうちにシミやしわが増えていたり、産毛が伸びていたりするかもしれません。こんなところにホクロがあったかしらと思ったら、実はシミだったとか、残念な発見もあるかもしれません。


紫外線がシミをつくることはよく知られていますが、例えば顔のある位置にシミがかたまっているとか、そういう場合はその部分に日焼け止めが塗れていない場合が考えられますよね。顔全体にまんべんなく広げているつもりでも、塗り残しがあったりするんですよね。あるいは、顔を触る癖があってその部分だけ薄くなってしまうとか。こまめに日焼け止めは塗りましょうというのは、こういう状況の場合があるからです。その時々は面倒でも、積もり積もればということを考えると、やっぱり丁寧なお手入れは必要ですよね。できてからでは薄いですからね。