ホーム > 香水 > イヤな香りにならない香水の正しい付け方

イヤな香りにならない香水の正しい付け方

ふんわりいい匂いがする女性はそれだけで素敵な印象ですが、香水の匂いがキツすぎると周りを不快にさせてしまいます。正しい香水の付け方をマスターして、男心を掴む素敵な女性を目指しましょう。

 

ありがちだけど良くない香水の付け方は、手首や耳の後ろに付けることです。こすると香りの粒子が潰れて香りが長持ちしなくなってしまいますし、香水にはシミの原因になる物質も含まれているので、陽に当たる部位に付けるのは避けた方が良いでしょう。

 

また、服に付けるのも服にシミをつけてしまいますし、香水は本来人肌の温度などによって香りを楽しむものなので、あまりオススメ出来ません。汗をかく部位に付けるとイヤな匂いになりやすいので気を付けましょう。

 

香水を付けるのにオススメなのは、うなじ・ウエスト・腕や肘の内側・太ももや膝の裏側です。女性で髪を下ろしている場合は、うはじに付ければほのかに香らせることが出来ます。直接紫外線に当たらないなら腕や肘の内側も良いでしょう。ウエストは季節を問わず、ほのかに香らせることが出来るのでオススメです。映画館や食事に行く際などはあまり香ると不快になるので、太ももや膝の裏側に付けるくらいがちょうど良いでしょう。

 

まつげケアアイテムのエマーキットの使い方もぞうぞ