ホーム > 病気 > 若者に感染が広がっているクラミジアという性病

若者に感染が広がっているクラミジアという性病

クラミジアは日本で最も多いと言われている性病ですが、初期の自覚症状が少ないため気付かれにくいとされています。

しかし気付かず放置することで不妊の原因になったりと、非常に厄介な性病でもありますが、比較的男性の方が自覚症状で気付きやすい傾向にあります。

 

例えばクラミジアに感染すると排尿時の痛みや尿道から液が分泌される尿道炎の症状を感じます。

尿道炎はクラミジアだけが原因で起こるわけではありませんが、感染することも最も起こりやすい症状だとされています。

女性の場合はこの様に分かりやすい初期症状があまりないため気付かない人もいますが、仮におりものからいつもとは異なり異臭を感じたらクラミジアに限らず、何かしらの性病に感染したことを疑った方が良いかもしれません。

そのため女性は普段のおりものの状態を理解しておくと良いでしょう。

 

女性がクラミジアに感染したことを知らずに妊娠すると、赤ちゃんが生まれた時に肺炎を起こしたり目に炎症を起こしたりと、赤ちゃんが病気を起こす可能性もあるので、早期に治療することが大切です。

 

クラミジアは性交渉により感染し、性器周辺に不快感などの異変を感じますが、オーラルセックスにより喉頭にも感染します。

風邪やアレルギーでもないのに喉の腫れや痛みが治らない場合は喉頭に感染した可能性があるので、性病の検査をしてみると良いでしょう。

 

喉頭に感染し、治療しなければ耳が痛くなり最終的に中耳炎になったり、喉や首のリンパ節が腫れることで高熱を出す場合もあります。

何事も早期に発見することが出来れば治療も早くすることが出来、重症化することを防ぐことも出来ます。

 

近年では性交渉する年齢が低くなってきたために、10代でも性病に感染することも珍しくなくなりました。

しかし性病に関する知識が乏しく、自覚症状として気付くことが出来なければ治療をすることも出来ません。

 

性病に感染することに年齢は関係ないですが、正しく知識を付けることで正しい判断を出来るようにすることは大切なことです。